解説 化粧品業界の販売チャネル
バラエティコスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティコスメの業界規模

2012年のバラエティコスメ業界各チャネルの売上は下記の通り。

  • 専門店4792億900万円(昨対比4.5%アップ)
  • 量販店(スーパー・GMS等) 4978億8900万円(昨対比1.6%ダウン)
  • 薬局・ドラッグストア 9371億6500万円(昨対比1.0%ダウン)
  • コンビニエンスストア 1680億8100万円(昨対比1.5%ダウン)
  • ※週刊粧業調べ

合計は、2兆823億4400万円で、化粧品業界全体の3兆3440億1000万円の、実にその60%以上を占めていることになります。
上記を見てわかるとおり、バラエティコスメの売上の半数近くはドラッグストアによるもの。マツモトキヨシやサンドラッグなど、各ストアの店舗数が現れた数字と言えます。

バラエティコスメ業界の歴史

古い資料を紐解くと、戦前、1910年代には既に多くの化粧品メーカーが価格競争を繰り広げていたようです。その後もバラエティコスメ業界は時代の流れに素早く対応することで発展してきました。
1980年、クリニークが百貨店化粧品の販売スタイルを変えた頃。日本ではコンビニエンスストアが新業態として急成長を遂げていました。コンビニ化粧品の歴史も意外と古く、資生堂やカネボウといった大手メーカーは、その頃から既にコンビニでの販売をスタートしています。
1990年代には化粧品と親和性の高いドラッグストアが出店ラッシュ。2000年代にはイオンやイトーヨーカドー、西友といったGMSや、各ホームセンターの出店ラッシュが、量販店チャネルを拡大していきました。
販路が増えたことで、男性やジュニア世代といった、これまで化粧品と縁遠かった層も取り込むことに成功したこの業界。拡大とともにそのトレンドも変化しています。数年前まではファンケルに代表される無添加・無香料・無着色がブームの柱でしたが、現在はヒーリングやアロマの流行と相まって、身体に優しく、香りも楽しめるオーガニック化粧品が勢いづいています。現在オーガニック化粧品のマーケットの規模は300億円程度ですが、今後3年間で800億円に達するとの見方もあります。

バラエティコスメ業界の今後の展望

百貨店化粧品はモードの象徴というイメージがありますが、バラエティコスメはより身近な流行感覚が商品の開発や売れ行きに直結しています。近年は消費者が化粧品に関する情報を仕入れやすくなったこともあって、そうしたブームそのものも、3~5年スパンで移り変わると言われています。例えば、2013年現在ではオーガニック化粧品が伸びていますが、数年前まであれほど人気だった韓流化粧品の売上はどんどん減少しています。
各社の競争は激化する一方ですが、市場の規模は安定的。口コミサイトの登場により、誰でも手軽に商品の評判・実力をチェックできるようになったことから、消費者の「自分で商品を選びたい」というニーズは今後ますます拡大していくと予想されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『バラエティコスメ』の解説(全3回)

化粧品業界の転職トピックス 一覧ページへ