解説 化粧品業界の販売チャネル
バラエティコスメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティコスメ業界で働く人々

バラエティコスメ業界では、冬は保湿系スキンケア、夏は日焼け止め、バレンタインやクリスマスの限定商品など、季節やイベントに合わせた商品が数多く開発・製造・販売されています。そのため、バラエティコスメ業界で働く人々は、シーズン商品のリリース前、夜遅くまで仕事をする場合があります。
百貨店化粧品業界で働く人々のエネルギーがブランドへの愛着とするならば、バラエティコスメ業界で働く人のエネルギーは化粧品そのものへの愛。多くの“コスメフリーク”層が活躍しています。
流行に合わせて様々なバラエティコスメを購入し、自ら試したり、レビューしたりすることが好きな方が、自らの研究結果やアイディアを活かして働いているのです。
医学的な臨床研究を重ね、数年かけて商品を開発する百貨店化粧品とは異なり、バラエティコスメではアイディアを活かして、短期間で開発するケースが多いのも特徴です。また、中小企業が多いため、一人ひとりの仕事の幅が広く、企画から広告・プロモーションまで深く関われるチャンスにも恵まれています。こうした“自分の想いを形にしやすい”という点は、この業界で働く人のやりがいの1つになっています。

転職のしやすさ

企業数が多いため、募集は常にたくさん行われています。特に中小企業が多いため、「商品が思っていたよりも売れたから、急遽従業員を倍増させたい」など、突然思い切った募集が出る場合があります。流行商品をウォッチしてみると、どの企業で募集がありそう、といった予測が立てられる場合もあります。
ベンチャー企業や中小企業での募集の場合、企業には業界未経験者に1から教える余裕がないため、即戦力=経験者が求められる傾向にあります。その一方、このような企業では、入社直後から自分が中心となって化粧品やブランドのプロモーションに関われるというメリットがあります。
企業を選ぶ際は、つい知名度に気を取られがちですが、中小企業のなかにもヒット商品を持ち、将来性のある企業も数多く存在します。
転職活動では、視野を広げて幅広い企業の仕事内容や裁量権を確認し、どの企業であれば希望する仕事ができるかを見極めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『バラエティコスメ』の解説(全3回)

化粧品業界の転職トピックス 一覧ページへ