2014年7月 化粧品業界の求人・転職トレンド

2014年07月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏本番となる7月ですが、化粧品業界の転職市場にとっては新たな案件が発生しづらい時期でもあります。

これは、4月~6月に募集を開始した求人の採用が決定しはじめ、後工程の進捗が増えるからです。

例えば、最終面接を行っている、既に内定を出しているなど、選考が大詰めの候補者がいる企業は、新たな候補者は選考せずに、今進んでいる方の選考のみを行うケースが多くあります。

このような企業は、その候補者の最終結果が出てから新たな人材を選考するか決めるため、応募をしても、合否結果が出るまでに数週間~1ヶ月以上かかる場合があります。

 

ただし、採用が決定するということは現職を辞める方々も出てくるということ。それによって欠員補充の募集が徐々に発生しはじめる時期でもあります。

 

今月の新着求人一例

■日本最大手の日用品メーカーで「マーケター」職の募集【東京】

■ドクターズコスメで有名な化粧品メーカーで「販促企画」職の募集【東京】

■セレクトショップなどに置いてある本格派オーガニックコスメで「営業」職の募集【東京】

■今注目の都心に本社を構えるOEMメーカーで「営業事務」職の募集【東京】

■バラエティショップ向けの健康食品・化粧品を取り扱いメーカーで「デザイナー」職の募集【東京】

 

化粧品業界の求人というと、「商品企画」「PR」「営業」などが応募者が集まりやすい職種ですが、それ以外の間接部門でも募集が出ているケースがあります。

今月でいえば「営業事務」「デザイナー」などがそれに当たります。

こういった求人は、化粧品業界の転職市場にしては珍しく「業界経験」が必須ではありません。ただし、代理店や制作会社側で化粧品業界に携わる仕事をした経験は求められます。

代理店側から化粧品メーカーに転職をしたい方も、ぜひ積極的にご相談ください。応募可能な求人が発生しているケースもありますので、ご希望・ご経験に合う企業をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加