2016年4月 化粧品業界の求人・転職トレンド

2016年04月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月トレンド画像4月はどの企業も心機一転し、採用活動に力を入れ始める季節です。4月が年度初めにあたる日系企業はもちろん、そうでない外資系企業などでもこうした傾向は多く見られます。

4月年度初めの企業の場合、採用計画がまとまるのはゴールデンウィークが終わった頃になりますが、重要なポジションはその前のタイミングから募集を開始する会社も多いです。

 

今からアンテナの感度を高めて情報収集していれば、7月ごろまでに希望に合う求人を見つけることができるかもしれません。忙しい季節ではありますが、余裕がある人は転職活動をスタートするという意味で、さまざまな情報に目を向けてみてはいかがでしょう。

 

今月の新着求人一例

■有名百貨店ブランドを持つ日系化粧品メーカーで「PR」職の募集【東京】

■大規模な広告で有名なエイジングケアメーカーで「商品企画」職の募集【東京】

■東証一部上場の総合化学商社グループで「ダイレクトマーケティング」職の募集【東京】

■世界各国で発売されているボディケア製品メーカーで「トレーナー」職の募集【東京】

■安定した販売チャネルを持つ化粧品メーカーで「品質保証」職の募集【大阪】

 

今年度の採用傾向として、「美容部員」の紹介会社経由での採用が増えてくることが予想されます。

 

現在、訪日外国人観光客によるインバウンドの影響と、それに伴う首都圏での店舗数の増加により、各メーカーの「美容部員」需要が強まっています。ニーズの高まりにあわせ、これまでは採用コストなどの関係から紹介会社経由では採用していなかった「美容部員」を、紹介会社経由でも募集する事に決まったという話を色々な企業から聞くことが多くなってきたのです。

 

人材紹介会社経由の「美容部員」求人が増加している今の時期であれば、様々な希望にマッチしたブランドの紹介が可能です。勤務地や年収といった面倒な条件交渉も、コンサルタントが代理で行います。転職手段のひとつとして、ぜひご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加