2014年9月 化粧品業界の求人・転職トレンド

2014年09月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月は多くの日系企業が半期決算を迎えます。

転職市場という観点でも、採用活動について半期を振り返り、採用戦略の確認・練り直しが行なわれる時期ですので、新たな動きが出やすいタイミングでもあります。

 

増員などのために新たな募集が出される場合もあれば、採用が一旦凍結したり、採用時期が変更になったりすることもあります。

 

転職活動中の方は、いつも以上に企業の募集状況や選考の進捗状況を確認する必要があります。

 

今月の新着求人一例

■イギリス発祥の高級香水ブランドメーカーで「百貨店営業」職の募集【東京】

■日系の大手有名化粧品メーカーで「商品企画」職の募集【東京】

■外資系ラグジュアリーメーカーで「VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)」職の募集【東京】

■バラエティコスメを多く扱う輸入化粧品メーカーで「薬事」職の募集【東京】

■100店舗以上の直営店を運営する自然派化粧品メーカーで「研究開発」職の募集【埼玉】

 

 

現在、化粧品業界の転職市場は盛り上がっており、転職希望者・求人案件共に増加傾向が続いています。その一方、1つの求人に対する応募者数も増えているため、書類選考の合格率が15~20%前後と、以前に比べて低くなっています。

 

どの会社が積極採用を行っているのか、どの会社が新規求人の募集を始めたのか、できるだけ多くの情報をキャッチし、興味のある企業に積極的に応募していくことが大切です。

9月度は、ぜひ企業の動きを素早くこまめに把握しながら、効率よく転職活動を行っていってください。

 

ただしこのような情報は、転職希望者ご自身ではなかなかキャッチしづらいものです。企業へ直接問い合わせても、手間がかかったり、明確な回答を得られなかったりして情報が思うように入手できない可能性があります。このような場合は人材紹介会社に相談すると良いでしょう。

 

人材紹介会社を利用して転職活動を行えば、企業の求人情報を詳細に教えてもらうことが可能です。その上でコンサルタントと相談しながら転職活動の進め方を考えていくこともできます。

 

企業の採用状況に変化が多いこの時期こそ、情報収集の差が転職活動の成否に直結してきます。しっかりと、漏れの無い活動をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加